仁義なき戦いシリーズ

好きな映画は『仁義なき戦い』シリーズです。
元からなんとなくは好きでしたが、一昨年に俳優の菅原文太さんが亡くなって改めてDVDを買って見直しました。
何のとは言いませんが、ヒーローやヒロインが悪を倒して平和を守るような勧善懲悪な正義は道徳的に教育には良いと思うんですよ。
ただ、『仁義なき戦い』はやくざが暴力で己の道理を通そうとする一般的には真似をしてはいけない事ですが、菅原文太さんが演じる呉のやくざ広能はそんな中でも仲間や仁義を重んじてブレないんですね。
する事の良し悪しという事ではなく人間として自分が信じる事や大切な物を簡単に曲げない事の大切さを教えてくれる側面がある作品だなぁと思いました。ミュゼ池袋の口コミと評判

アマデウス

曲名を知らなくてもよく耳にする曲、聴いているだけでほっとする調べなどなど数多くの作品を残したモーツァルト。
実はこの作品で、モーツァルトの名前を初めて知りました。
そして、アントニオ・サリエリという人物も。
アカデミー賞をいくつもとった名作ですが、天邪鬼な私もこの作品を初めて見たときからとりこになっています。
クラッシックやオペラにあまり興味がなかった私ですが、この作品を見てからはモーツァルトの音楽を聴く機会が増えたほどです。
それほど作品中でのシーンとそこかしこにちりばめられたモーツァルトの音楽が美しくマッチングし、記憶に残っているのです。
劇中のモーツァルトの甲高い下品な笑い声も大変印象的で、劇中の登場人物の心理状態に影響を及ぼします。
煌びやかで美しい衣装や背景のまぶしさと、人間の妬みや憎しみなどの闇の対比がそれぞれの印象を引き立てあっています。
フィクションとは思えない仕上がりで、知らないうちに劇中の舞台である中世のヨーロッパの世界へ引き込まれてしまいます。イビサクリームを最安値で買うには